盛岡市動物公園「ZOOMO」(ズーモ、盛岡市新庄)が現在、7匹の子ヤギの展示を行っている。

子ヤギたちの姿が見られるのは園内にある「こどもどうぶつえん」のヤギ広場。

5月27日に誕生した「くろ」、6月13日に誕生した「ベル」、7月5日に誕生した「ちゃすけ」と「ちゃこ」のほか、7月30日と8月1日に生まれたばかりでまだ名前が決まっていない3頭の計7頭が広場の中を元気いっぱいに駆け回っている。

子ヤギが7頭もそろうのは2013(平成25)年以来7年ぶり。

同園では「子ヤギまつり」として、子ヤギがたくさんいて楽しそうにしている様子をSNSなどで情報発信している。

子ヤギたちは一緒に遊んだり、アダルトのヤギに頭突きを挑んだり、高い岩の上に登ったりと多様なしぐさを見せ、来園者からの大注目も高い。

特に同じ広場にいるヒツジの背中に子ヤギが乗る姿は好評。

なぜ背中に乗るのかは分かっていないが、ヒツジが嫌がる様子もなく仲良しだという。

7月30日と8月1日に生まれた3頭の子ヤギは8月30日の13時から、来園者と共に名前を決める予定。

3頭は生まれてもうに共に展示練習をし、ヤギ広場へのデビューも同じタイミングだったため、併せて名前を決めることとなった。

 同園では27年ぶりにカモシカの赤ちゃんも誕生。

「○○年ぶり」の出来事が続くとともに、かわいらしい赤ちゃんたちの姿に、来園者は言うまでもなく職員たちも思わず笑みがこぼれるという。

同園の広報担当者は「まさしくリアルな『7匹の子ヤギ』の状態です。我が子たちから大注目なのは言うまでもなくだが、大人の皆さんが眺めて癒やされるという声もある。同じ子ヤギでも、一頭一頭、顔も模様も性格も違うのでじっくりと観察してみてほしい」と呼び掛ける。

開園時間は9時30分〜16時30分。

来園時には新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、検温・マスクの着用・手指の消毒などへの協力を呼び掛けている。