付き合った後にセックスをしてみて「あれ……なんか違う……?」って不満に思ったりするのも何となく悲しいですし(というか、すごい切ない!涙)、そう思うと、セックスを『相手の略歴項目のひとつ』として見極めてみるのも有りなのではないかしら、と。

「付き合う」という過程に進む前に、数カ月間デートを重ねて双方のことを知るための期間をもうけ、その間の結びつきを『datingpartner』と呼ぶ。

実際には、「カラダだけの結びつき」という解釈で使われる事もあるそうなのですが、「パートナー」というワードが入っている事、これが私にはかなり素敵な表現のように思えました。

なので記事にあった『体の親和性をわからずして付き合えるのか?』という作者さんの考えにも深く同感。

細かいところでいえば、キスをして舌を絡めあう時に、舌と舌を絡めあう波長が合うか合わないのかという部分が大事なのと同じような感覚といいますか。

参考ページ:messy 「セフレ」と呼ばないで。付き合わないけど愛してる、そんな関係もありますよね?
https://mess-y.com/archives/6108

私は誰かと付き合う前にセックスを普通にしてしまう女ですが……(喝喝喝っっ!)、無論かくの如き『セックスという行為が好き』というのも大前提としてある反面、そういう行為が好きだからこそ、相手との体の親和性を重要視してしまっているのも本音であったりします。

だから、『付き合う前にセックスをするなんて……』みたいな発想に至ることもなく、ありきたりに付き合わずともセックスをしたり、そこから相手を知って愛していく事も多いです。

体の親和性、知らずに付き合える? さて、『付き合う前には必ずセックスをしない』ケース、元テキストの文中にも書かれていましたが、『体の親和性』が合うかどうか、イチかバチかのギャンブルですよね。

どういうことかといいますと……『付き合う』という形を作りたいとは思わず、そして彼女という枠に入りたいともあまり思わず、『好きなら別に一緒にいるだけでいいな』という本質的な感情だけが生かされている恋愛が多々あるということなんです。

『双方好きなら付き合ってしまえばいいのに』と言われる事もありますが、『別れる・付き合う』という形ばかりにこだわる恋愛の過程を繰り返すよりは、一緒にいる時をただ純粋に共有するほうがかなり有意義であるように思えたりするんです(変ですよね、ごめんなさい)。

もちろん、付き合おうって約束していなくても、私は好きな相手に対してセフレだとは思っていないんです。

身体を重ね合わせている時に見せるお互いの弱くて脆いところだったりとか、共有できる幸せだったりとか、私としては性的なものというよりも、同じ空気を吸っているような、セックスってそんな自然な行為なのではないかなとも思ったりしているんです。

実はですね、私はあまり、『付き合う』ということに関してのこだわりを持たずに恋愛をしているんです。。そうやって考慮してみると、触れ合わなければわからないところも何となくふんだんにあるのではないかなぁと思うんです。

ネガティブな思考の連鎖を阻む言葉がない以上、良いイメージもあまりないですよね。『付き合う』ということをあまり考えずに人を愛してしまう、そのような私の恋愛の形。パートナーっていう言葉の響きに隠されているこの心配無用感って何なのでしょう。セックスも、性格と同じようなものですよね。

セフレというワードはネガティブイメージ?

真っ先に『付き合う前にセックスをするのはナシ』という意見についてなのですが、これって実のところ……如何になんでしょう? 「如何になんでしょう」というのも、この一文が指す意味合いはひとつ、『付き合うという形をもってしかセックスできない』という事ですよね? 付き合うまでは鉄パン(鉄のパンツ)を履き続ける! ということではありませんか……! 確かに恋愛指南本などではよく、『付き合う前にヤらせてはだめ!』と指導しているのを見ます。

ボディーだけが全部ではないけれど、身体を重ねるからこそわかる相性やありがたみ観もありますよね。

少しだけお話させていただきます。なんて言うのでしょうか。それが『日本人以外は告白なんてしない』という、はてな匿名ダイアリーに投稿されたテキストです。セックスをした後に、相手が『これからもセフレ』だと思うのか、もしくは『何回かデートして相手のことをもっと知ろう』と思うのか。

私はこういうトピックがかなり好物なので……(じゅるり)? 語りに語ってしまいそうです。

皆様も様々な形で、好きな方との愛を『付き合う・付き合わない』という形に拘束される事なく、自由に育んでいただければいいなあと考えます。

『付き合う前のセックス』というのは軽く受け止めすぎるべきではないかもしれないけど、そこまで重く考えすぎるべきでもないのかもしれませんね。

日本では「セフレ」と呼ばれてしまうそんな関係を、外国では『datingpartner』という言葉で表すそうです。

それゆえに、『付き合う前にセックスをしてしまった自身の立ち位置』に名称を付けようとすると、『セフレ』という会話に集約されてしまいやすいといいますか。

そういう係りだと、相手が自身のことをどういう目で見ているのか、愛してくれているのか……という事で悩んだり仮にそうですが、自らがその相手を信用している以上、私はあまり気にならなかったりします。

どっちでも、ヤッてる事は同じじゃん、と思う方もいるかもしれませんが、気持ち的には全然違いますよね? それに、『付き合う前にセックスをしない』って明確決めていたら、付き合わない限り一度も好きな人とデートしたりセックスしたりできないままサヨナラになってしまうじゃないですか。

セックスなくして相手を知れるか馬鹿野郎〜!(猪木風)(※無論双方が性に反対に淡白だったりセックスをしたくないカップルなら、しかも違った相手を知るメソッドがありますけどね♪)付き合わなくても好きならイイじゃない? こんな風に、さも付き合う前のセックスを肯定化するように語っている紗倉は一体、どういった恋愛フローを経て付き合っているんだ? と、皆さんに思われているかもしれませんので……(関心ない! って突っ込まないでくださいね涙)。

『付き合っていないけど体の結びつきを持ってしまった』という関連性を表す、そのような適当な言語もなかなか見つけられないですし……。

ただただ単純に、好きで会いたいなあと思うそのような異性の相手なので、口約束は必要ないのかもしれません。

こういった人間もいるということを『へえ〜っ』と思っていただけたらハッピーな限りです……。

ところで私は普段はあまりそんなことは気にせず、この人素敵だなぁ……と思ったら体を委ねてしまう事が…………ありますw(喝っ)

『付き合えばセックスをしてもいいという、日本の恋愛観は特異だ』とこのテキストの冒頭にあるのですが、『そもそも好きな人と付き合うということは何をニュアンスしているのか?』という事に関しても、同時に深く考えさせられてしまう中身でもありました。

セックスの最中のさりげない仕草や気遣いであったりが、意外とその人の『質』を垣間見える瞬間だったりしますし、新しい一面の発見に繋がったりする事もあるのではないかなあ。

単純に相手を好きになって、定期的に会いたい時に会って、どこかに出かけたり、他にも体を重ねたりする事って……『付き合う・付き合わない』という会話があろうとなかろうと、その言葉の枠に囚われなくても、好きで一緒にいるという事実は何も変わらないからいいんじゃないかなと思ってしまうんです(もちろんこれも諸々と賛否両論のある意見だと考えます)。

淡白な人なら淡白な人なりに、情熱的な人だったら情熱的な人なりに……。

『付き合ってもいないのにセックスする女にはなりたくない』というプライドをお持ちの女も当然ながらいらっしゃいますよね(私にはまったくその自負がない……むむむ、気恥ずかしい。

単刀直入に言いますと……『付き合う前にセックスするのはアリなのか、ナシなのか!?』という、永久に論議が尽きなさそうな、賛否両論飛び交うタイプの、深いテーマでございます。

五感で触れ合う中で感じる、相手の性格だったり性癖であったりとか、それもひとつの個性であるように思えてしまうんですよね。

セフレを作りたい方は

セフレを作るのに最適なサクラがいない優良出会い系サイトを紹介します。

年齢確認などのセキュリティーがしっかりしてるので安心です。セフレ募集専用の掲示板があるのでお手軽簡単です。

  1. Jメール
    私が15年以上利用している、老舗で大手の出会い系サイトです。他の情報サイトでも軒並み上位に位置するJメールはセフレが欲しいとき、今すぐエッチしたい時に必ず使用します。初めての方は無料でお試しできるのでまずは一度使用してみて下さい。最初にもらえる無料ポイントだけでも十分即日のセックスが狙えます!