新型コロナウイルスの感染拡大後、東北初のスポーツの全国大会「スポーツクライミング・リードジャパンカップ」が9〜11日、盛岡市であった。

無観客と入念な健康参考にで実現した貴重な大会。

近場関係者は「『こうすれば可能な』というのを盛岡から発信できた」と胸を張った。

 「地元で決勝に進めたのはうれしい」

東京五輪出場を目指す岩手・盛岡中央高3年の伊藤ふたば選手は笑顔で大会を振り返った。

7位だった成績よりも、久々の大会を素直に喜んだ。

 3月に埼玉県で予定されていた大会はコロナで延期となり、日本山岳・スポーツクライミング協会が5月、岩手県協会に開催を打診した。

関係者の熱意を県などが後押しし、6月中旬には開催の方針が固まった。

 県協会の吉田春彦会長(61)は「選手のやる気が下がる中、大会をやってあげたかった。やらない要因でなく、やれる方向性を探った」と言う。

無観客とし、選手らには2週間の健康参考にや当日の検温などの対策を行った。

 大会は大雨や猛暑に見舞われながらも、男女ともベテランと若手が競い合う展開。

平山ユージ大会副会長は閉会のあいさつで「盛岡が成功例を示しくれた」と感謝した。

アマチュアスポーツの多くはまだ全国大会を開けずにいる。

陸上は23日に東京の国立プレー場でトップ選手を集めた大会を開くが、一部選手は感染を懸念事項して参加を見送った。

各競技団体には感染対策に力を入れつつ、実績と信用を積み重ねていく姿勢が求められる。

 会場には達増拓也岩手県知事の姿もあった。

県は今大会を貴重な経験と受け止め、今後の大会誘致の見込みを見据える。

 伊藤選手をプッシュした達増知事は「感染危険性の低い岩手は良い環境。

対策を念入りにやれば、感染は抑えられる」と強調。

「全国大会の影響は経済だけでなはい。経験をする事で、より確かな対応が可能なようになる。どんどん誘致やりたい」と売り込んだ。