ドローンのように空を走り回る事が可能な「空飛ぶクルマ」を製作する東京のベンチャー会社が、愛知県豊田市で行っている有人での飛行試験の様子を報道陣に初めて公開しました。

トヨタ自動車の出身者などが創業した東京のベンチャー会社、「SkyDrive」は、「空飛ぶクルマ」の有人での試験飛行を去年12月から愛知県豊田市で行っています。

今度、実験の様子が初めて報道陣に公開され、この会社が製作した全長およそ4メートル、高さおよそ2メートルの機体にパイロットが乗り込みました。

しかも、操縦かんを動かすと、機体の四隅につけられた8枚のプロペラが回転して2メートルほど浮かび、時速4キロの速さで試験スペースを1周していました。

「空飛ぶクルマ」は交通渋滞の決着や物流サービスのパフォーマンス化などにつながるとして、世界で開発が進められていて、会社によりますと有人飛行試験に成功したのは、国内ではこの法人が初めてだという事です。

この会社では2023年度から大阪などで、タクシーサービスを着手する計画で、2028年度からは自動運転の空飛ぶクルマの実用化を目指すとしています。

「SkyDrive」の福澤知浩代表取締役は「飛んでいるところを見ると、如何なる感じで生活が移り変わりするのかや、モビリティの変化を体感すると思う。

共になって、空飛ぶクルマが自然に拡大するようなワールドワイドを作りたい」と話していました。

開発競争が早くも激しく

空飛ぶクルマはまだ実用化の前ですが、米国の証券法人は2040年ごろには、ワールドワイド全部で150兆円を超える市場スケールの産業に成長すると予想しています。

来るべき社会の交通仕組みの一翼を担う事への期待もあって、国内外の会社が相次いで機体や運航仕組みの開発に乗り出しています。

国内では今回の「SkyDrive」のほか、トヨタ自動車がアメリカで空飛ぶタクシーの製作を手がけるベンチャー会社「ジョビー・アビエーション」に出資をして、機体の量産化技術などで協力しています。

また、川崎重工業やNEC、ANAホールディングスや日本航空なども、機体や運航システムの製作を進めています。

外国ではアメリカのライドシェア大手の「ウーバー」が、4年前に空飛ぶタクシーを運航する構想を打ち出し、ことし1月には韓国のヒョンデ自動車と共同で、乗客4人が乗れる空飛ぶクルマのコンセプトモデルを披露しました。

ベンチャー会社による製作も活発になっています。

ドイツのベンチャー会社「ボロコプター」は去年10月、シンガポールでパイロットが搭乗して、空飛ぶタクシーの試験飛行を行いました。

ゆくゆくは市街地に整備した離着陸用の専門スペースの間を、パイロットなしで移し変えできるようにする計画です。

中国のドローンベンチャーの「イーハン」も、人を乗せて飛行の実証実験を行うなど、製作競争がはやくも激しくなっています。

もし実現すれば「空の移動革命」

「空飛ぶクルマ」に明確な定義はないのですが、国が実現に向け作った行程表では、電動のプロペラを使ってヘリコプターやドクレジットのように垂直に離着陸し、パイロットなしで遠隔で操縦する乗り物とされています。

滑走路が要らず移し変えが効率的になることや、乗用車より部品の数が少なく、整備のコストを抑えられることも見込みされていて、実現すれば「空の移し変え革命」になると注意されています。

経済産業省や会社で作る官民の協議会は、2023年の実用化を目標に据え、2025年の大阪万博で来場客を運ぶことも構想しています。

実現するには課題が山積み

ただ、実現には多くの問題があります。

人を乗せるため航空機並みの高い確か性や騒音を小さくする事が求められます。

航続距離を維持するためバッテリーの性能の向上も欠かせません。

採り上げるのの有人飛行試験の成功は実用化への肝心なステップですが、「SkyDrive」の岸信夫最高技術責任者は「まだ3合目だ。

技術的なめどはついてきたが、今後は、具体的な飛行用法に当てはめた新たな試験機を製作し、前例のない査定に達成するハードルが残っている」と話していました。

現在、実験などが行われている機体はヘリコプターより小さく、人を乗せる事ができないドローンよりも大きいのがトレードマークです。

会社では、機体の四隅にある8枚のプロペラのうち、仮に、1枚が故障しても飛行を続けられるように開発を進め、飛行時を現時点での3倍の30分程度まで延ばせるよう、バッテリー性能の改善を進めています。

その上、航空機と同じように型式証明などの査定を行う規格づくりや、離着陸場の整備、飛行する空域のすり合わせなど、システム面の整備も今後必要になってきます。

官民の協議会は今年度中にも、必要になる決まりを細かいところまでリストアップして、実用化に向けた行程表をより具体化させる事にしています。