【大田原】国際医療福祉大大田原キャンパスは26日、ビデオ会議ツール「Zoom」を活用して初の「オンラインオープンキャンパス」を実施した。

参加者も質問などしやすかったのではないか。

 この日は全8学科の教員らが計40本の動画を下拵えし、画面越しに学ぶ中身を解説したりミニ講座などを開いたりした。

ただし19日に学生1人の感染が見極めされた事を受け、急きょオンラインでの実施に変更。

 新井田副学長は「大勢での対面式よりも、一人一人との距離が近く感じた。

質問時には在校生2人も参加し、入試対策や学校暮らしについての質問に慎重に解答した。

オンラインならではの長所もあり、意義のある取り組みだった」と話した。

視力検査機器を利用しながら、学べる事を理解いただけやすく解説した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、最初はパーフェクト予約制でスケールを縮小し、校内で行う予定だった。

予約済みの高校生ら約800人に閲覧パスワードをメールで配信し、約1週間で準備を整えた。

 視パフォーマンス療法学科では学科長の新井田孝裕(にいだたかひろ)副学長によるガイダンスの後、教員ら5人が実習室を動画で指導。