屋内の局所には芝を敷き、手軽に野外活動に触れられる環境をつくる。

野外活動の情報発信拠点として装いを新たにし、テントやタープを張れるウッドデッキを整備。

新型コロナウイルスの影響も受け、帯広競馬場が閉鎖された2月末から今月10日までのテナント概要の売り上げは前年同期比で約二分の一に落ち込むなど困難な状況に置かれている。

帯広競馬場内の商業観光施設「とかちむら」が8月で10周年を迎える。

とかちむらは2010年8月6日に開業。

運営企業のSPCとかちむらによると、その頃はテナント12ストアが入っていたが、今現在は産直市場やスイーツ店など5お店にとどまる。

競馬ファンだけでなく、多様な客層を取り込む意識だ。